ホーム > おすすめ街区(ビューガーデン)

ユーカリが丘の新しい街づくりプロジェクト
「ミライアガーデンヒルズ 」「ビューガーデン」

井野の森 井野の森
ユーカリが丘北公園 ユーカリが丘北公園

子育ての街をつくるのは、
“森”と“木”のやさしさ。

雨水をたっぷりとたくわえ清流を生み、
二酸化炭素を吸収してくれる。
森は水と酸素の供給源として、私たちの生活・
生命に欠かせない大自然です。
そしてなによりも、子どもたちにとっては、
野鳥や昆虫など、
さまざまな生き物との出会いのステージ。
心を癒してくれる森のパワーとともに、
健やかな心を育みます。
だからこそビューガーデンは、あえて周辺に
自然の森が保たれている土地を選びました。

  • ユーカリが丘南公園 ユーカリが丘南公園
  • ユーカリが丘南公園 ユーカリが丘南公園
  • ユーカリが丘南公園 ユーカリが丘南公園

ストレスを抑え、
気分を爽快にしてくれる森。

森に入ると、爽やかな気分になったり、心が落ち着いたりすることを多くの人が体験していると思います。経験的なものとして語られてきた「森林浴」の効果について、近年科学的な解明が進んでいます。森林では都市に比べてストレスホルモンが減少し、森林保養地で2泊3日滞在すると免疫力が向上し、その効果は30日後まで持続することなどが証明されています。

ストレスを抑え、気分を爽快にしてくれる森。

森で遊ぶ子どもは、
道徳観・正義感が育まれる。

自然体験の多い小中学生は、道徳観、正義感の身に付いている子どもが多い傾向にあると報告されています。キャンプをしたり、海や川で泳いだりする体験も大切ですが、近所にある森で友だちと遊ぶことも、心の発育に大いに影響することと思います。

森で遊ぶ子どもは、道徳観・正義感が育まれる。
五感でとらえる、森のパワー

左右にスライドしてください。 左右にスライドしてください。

“森”の街づくりには、
その潤いと
安らぎを
守る
仕組みも必要でした。

“森”の街づくりには、その潤いと安らぎを守る仕組みも必要でした。
  • 1木々に囲まれた中に芝生が広がる
    「ユーカリが丘北公園」
  • 2集いと語らいのコミュニティパーク
    「井野向原公園」
  • 3豊かな自然あふれる広大な親水公園
    「宮の杜公園」
  • 4古くから親しまれてきた歴史と自然が息づく
    「鎮守の森」
  • 5日本の原風景に出会える里山
    「井野の森]
  • 6イオンのスーパーマーケット
    「マックスバリュ ユーカリが丘店」
  • 7健診や予防接種も受付ける
    「スマイルキッズクリニック」
  • 8「中学校」駅前にある認可保育園
    「みやのもりハローキッズ」

子どもたちを育むのは、
昔ながらの里山の森と響き合う緑の風景。

その森は、地域の人々の暮らしと
関わってきた里山「井野の森」と、
古くから地域を見守ってきた神社の
ある「鎮守の森」。
木々のこずえで野鳥が羽を休め、
カブトムシやセミが目の前に現れ、
木の実や落ち葉など四季折々の風情にあふれ、
ビューガーデンで暮らす子どもたちの
恰好の遊び場になっています。
子どもたちを健やかに育むビューガーデンでは、
街並みもひとつの森と考え、
ありのままの森の風景と自然環境とのつながりを
強く意識しました。

  • 学童保育所「ユーカリ優都ぴあ」 学童保育所「ユーカリ優都ぴあ」
  • 鎮守の森 鎮守の森
  • 井野の森 井野の森

木々の潤いと爽やかな風に包まれる
“森”の街づくり。

住まいの近くに木々の緑があふれ、四季折々の風景が日常生活と一体化していたら、子どもたちの情操教育にきっと役立つことでしょう。自然の潤いが子どもたちの心を健やかに育み、忘れられないふるさとになるのです。また、地球の温暖化や都市の緑の減少などが原因で、夏のヒートアイランド現象が問題になっています。ビューガーデン周辺でも都市化が進んでいますが、街並みを彩る木々の緑は、周辺の公園と大きな森との相乗効果で、ビューガーデンに涼しく爽やかな風を呼び込みます。

木々の潤いと爽やかな風に包まれる“森”の街づくり。

街の格を高めるタウンゲートの設え。

街の格を高めるタウンゲートの設え。

タウンゲートは、 オーセンティックな雰囲気と上質感を醸し出すコーナーウォールを設え、その周囲を四季折々の植栽で彩ります。 水平美を強調したウォールは凹凸のある陰影によって、彫りが深い上質な表情を与え、「洗練された高級感」を感じさせる特別な景観をしっかりと演出します。

“森”のシンボルは600本の高木。

“森”のシンボルは600本の高木。

我が家の顔を作り、緑に囲まれた“森”の街をつくるために、各住まいに高木のシンボルツリーを植樹しています。シンボルツリーや鮮やかな緑を湛える木々が、子どもたちと家族、そして街とともに育っていくのです。ビューガーデンは全600区画。各住まいのシンボルツリーが成長して、やがて600本の森の風景になることでしょう。

街並みに緑や花のボリュームを
増やす二段植栽。

街並みに緑や花のボリュームを増やす二段植栽。

宅地と道路に高低差のある区画では、石積みの高さに応じた擁壁を設置し、二段の植栽スペースを確保し、より緑を感じられる街並みを形成しています。四季折々の色鮮やかな花々を植えたり、濃淡さまざまなグリーンを育てたり、かわいらしい木や石のオブジェを置いたり、子どもたちと一緒にガーデニングも楽しめます。

「ユーカリが丘北公園」の木々と
連なる“森”の街。

「ユーカリが丘北公園」の木々と連なる“森”の街。

高台に位置するビューガーデンの住宅街から望む位置に広がる、芝生のある公園。園内と周囲の高木が森の風景を成し、その濃い緑と連なるように、“森”の街ビューガーデンは広がっています。放課後、地域の子どもたちが大勢集まって、豊かな自然の中で走りまわったりサッカーをしたりしているシーンが印象的です。

街区内にある子どもたちの遊び場
「井野向原公園」。

街区内にある子どもたちの遊び場「井野向原公園」。

ビューガーデンのほぼ中央にゆとりある広場を確保し、この街で暮らす人々が集い、語らい、子どもたちがのびのびと遊べる公園をつくりました。元気よく走りまわる子どもたちとともに成長することを願って緑の植栽も施しています。

※掲載の写真は2015年4月に撮影したもので、
販売済み住戸も含まれます。

子どもたちの安全や触れあいを考えた、
街づくりと住まいのルール。

散策や自然観察など、森と人の
触れあいにはさまざまなシーンがあります。
街並みもひとつの森と
考えるビューガーデンだからこそ、
街を楽しむために、子どもたちと居住者の安全な歩行やセキュリティを第一に考えました。
ゆとりある幅員や歩行者専用道路はもちろん、
交通量を抑える工夫をあちこちに。
そして、条例で美しい街並みと
豊かなコミュニティを守ります。

  • 現地街並み 現地街並み
  • 現地街並み 現地街並み
  • 現地街並み 現地街並み
子どもたちの安全や触れあいを考えた、街づくりと住まいのルール。
  • 1幹線道路への出入口は
    2ヶ所に限定。

    居住者以外のクルマの進入を抑えるために、ビューガーデンから幹線道路へのクルマ出入口は2ヶ所のみ。クルマの通行量を抑えながら、独自性のある街としてのクローズ感を高めています。

    1幹線道路への出入口は2ヶ所に限定。
  • 2碁盤目ではない
    街区内道路デザイン。

    あえて街区内道路を碁盤目状にせずに少し入り組んだ計画にすることで、クルマのスピードを抑制する役割を担っています。また、森の中を巡る小路も意図しています。

    2碁盤目ではない街区内道路デザイン。
  • 3十字路を少なくした
    ゆとりある
    道路計画。

    碁盤目ではない街区内道路により、危険性の高い十字路を少なくしました。それにより、クルマ同士や人との出会い頭での事故を防ぎます。さらにメイン道路には歩道が整備され安心して生活できます。

    3十字路を少なくしたゆとりある道路計画。
  • 4人と車の安全に
    配慮したハンプ。

    歩行者専用道路との交差点にはハンプ(美化舗装)を設置することで、交差点に至る前から視覚的にドライバーの注意を促します。

    4人と車の安全に配慮したハンプ。

街並みとコミュニティを
守るルール。

  • 街全体の防犯性を高めるオープン外構。

    街全体の防犯性を高めるオープン外構。

    各住戸には、道路側から死角となる場所が少ないオープン外構を採用しました。通行人や居住者の目が届きやすくなるとともに、不審者が隠れやすい空間をなるべく少なくして、街全体の防犯性を高めています。

  • 135㎡以上の敷地面積。

    135㎡以上の敷地面積。 概念図

    将来に渡って優雅でゆったりとした邸宅風景と美しい街並みを保持するために、最低敷地面積135㎡という条例があります。土地を細分化することができないので、街並みの美観を保ちます。
    ※井野東地区地区計画の住宅地区に限ります。

  • プライバシーにも配慮した
    隣棟間隔。

    プライバシーにも配慮した隣棟間隔。 概念図

    ビューガーデン内の住まいには、境界から外壁まで1m以上間隔を空けなければならない規制を設定。民法の規定より50cm広くすることで、将来建て替えても、隣の住まいの良好な日当たりや風通しに配慮しています。
    ※井野東地区地区計画の住宅地区、沿道地区に限ります。

  • 開放的な視界を保つ高さ制限。

    開放的な視界を保つ高さ制限。 概念図

    開放的な高さを保つために、街区内の建物には最高10mという高さ制限があります。将来も周囲に高い建物が建たないので安心です。

  • コミュニティを守る用途制限。

    コミュニティを守る用途制限。 IMAGE

    ビューガーデン内には、将来に渡って良好な住環境を守るために、3戸以上のアパートやマンションなどを建設できない条例があり、邸宅街の良好な住環境を守ります。 ※井野東地区地区計画の住宅地区に限ります。

  • 万一に備えた蓄電池付街路灯。

    万一に備えた蓄電池付街路灯。

    街区内の街路灯の一部には、蓄電池を設置しています。万一の停電時にも点灯する街路灯があるので、歩行者の安全を保つことはもちろん、コミュニティ全体の安心感を高めます。

お問い合わせ・資料請求は 0120318154 営業時間/10:00〜18:00 年中無休(水曜日は街ギャラリーへお越し下さい)携帯電話・PHSからもご利用頂けます。 営業時間/10:00〜18:00
年中無休(水曜日は街ギャラリーへお越し下さい)
携帯電話・PHSからもご利用頂けます。

山万株式会社

2019 Copyright YAMAMAN CO,Ltd. All Rights Reserved.